◆ 仕事は「与えられる」ものではなく、「創り出す」もの。
何をすることがもっとも顧客と会社に貢献することにつながるのか。どんな優先順位をつけて、何をすべきか。自分の仕事の「成果」は何か。仕事とはただ与えられた業務を1つのパーツとして「こなす」ことではありません。任せられた業務に結果を出すのは当然。その上で自分の仕事に「本当に価値を生み出すことは何か」を常に考えてください。


 ◆ きいてみる。言ってみる。やってみる。
仕事は「覚える」ものであって、「教わる」ものではありません。目標を決めて、そこに至る方法を考える。必要な知識やスキルは、走りながら身に付けてください。まずは自分の意見を言ってみる。そしてカタチにしてみる。試行錯誤を繰り返しながら覚えたことだけが身につきます。そして本当に成長の必要を感じたときに、じっくり勉強すればいいと考えています。


 ◆ 仕事も勉強も、まず自分のために。それから会社と世の中のために。
自分の人生だから、自分がまず「何者になりたいのか」「どんな成果を上げて、どう成長したいのか」ということがもっとも重要だとドリームフィールズでは考えています。そのうえで、仕事を手段、会社を成長の場として、まずは何より自分の成長と夢の実現を目指してほしいと思います。


 ◆ 常に改善。
1の仕事を任されたら、どうやって1.1の成果を出すか。2への変化を創るか。世の中の価値観も、競争環境も常に変わり続けています。そしてドリームフィールズは成長しつづけています。どんなに完成された仕事でも、型の決まっている業務でも、何の工夫もせずにただこなしているだけでは、すぐに古く、競争力のないものになってしまいます。常に次のレベルへ。たゆまぬ改善だけが仕事を進化させます。


 ◆ ピンチはチャンス。
プレッシャーにビビらない。怒られてもへこまない。失敗しても、成功するまでチャレンジしつづける。そして1つの失敗を10倍の成功につなげる。プレッシャーや失敗こそが、最大限に成長するチャンスであるとドリームフィールズでは考えます。どんな人も仕事も、本当に競争力のあるものは、リスクのない「温室」の中では育ちません。そのため当社では、1つの失敗や、しばらく成果が出なかったからといってマイナス評価をすることはありません。



このページのトップへ ▲

home当社について採用情報会社概要お問い合わせ